住みやすい

和風住宅

埼玉はここ最近、再開発が多い傾向が見受けられます。
駅前などにはショッピングモールや新しい住宅街の建設が頻繁に行われており、県内、県外問わず多くの人たちで賑わっています。
中でも2017年に開業予定であるさいたま新都心の大型の複合商業施設が今、最も注目を集めています。
この大型の複合商業施設は2015年5月に工事着工が予定されていて大型のホテルを核としており、そのホテル内やホテル外で飲食店舗、ブライダルなどの商業施設、オフィスなどの誘致を計画しています。
もともと、商業施設が多く利便性の高いさいたま新都心にこの大型商業施設が開業となれば今まで以上に人を集めることが可能になり、更に街が活気づくことが予想されています。

埼玉の近代の傾向としては東京のベットタウンというイメージがとても強くなっています。
南東部地域には東京やその他の道府県から移り住むという方が今でも増え続けています。
これは埼玉から東京都心までの距離が近くてアクセスしやすいということが大きい要因と考えられています。
また、住宅地も団地やマンションなども多く存在していおり、住みやすいというのも魅力的になっています。
少し前には東京に比べてみると商業施設などが少なく、生活しにくいという意見も出ていましたが、大手企業による駅前の再開発などによって大型の商業施設が次々と建設されていっています。
今では目覚ましい発展を遂げており、その状況は大分改善されてきています。